リル君のお気に召すまま

キャバリアキングチャールズスパニエル・リル君の日記

Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 暮らし   Tags: ---

Comment: 14  Trackback: 0

ワクチン接種

晴れた日は汗ばむこともあるくらいで、
フローリングにお腹を付けて涼んでいるリル君。
リル家で8
この姿を見ると、ワンコは早くも夏支度せねばと感じる…
もう冬用ベッド、洗濯してしまおうかしら?


昨日は雨模様の広島…

午前中に…と、獣医さんへワクチン接種しに行きました。
もし注射で調子が悪くなっても午後に診察してもらえるので。

注射のとき、先生がクッキーをくれたのですが、
また咥えてポロリ…私が拾って差し出すと食べました。
いつになったら先生の手から食べるのでしょう?

そんなやり取りの間に注射され、全く気付いていませんでした(笑)



先週の血液検査の結果が出ていましたョ
結果は異常なし(フィラリアも-)で安心しました。

目のできもの、大きさ変わらず。経過観察です。



去年、調べてもらっていた尿検査がPH8でアルカリ尿だったので、
(PHだけで結晶は-)

先週オシッコも調べたほうがいいかも…と言われたので、
病院へ行く前に採ったオシッコを持参。

今回はPH6で結晶も何も見つからずでした。
PH6だったのはPHスティックで調べ、
結果がわかっていたから心配していなかったけど、
結晶が出ていないのは嬉しい結果でした。




お会計をしているときに、キャバちゃんが来院され、
お互いに「東広島でキャバちゃん…珍しい~」と少しお話させてもらいました。
70歳位のお父さんが連れてこられた12歳の男子キャバちゃんでした。

心臓のお薬は飲んでいて、少し足腰も弱ってきたけど、
お散歩も調子がよかったら一日2回、ゆっくり歩いて行くのだそう。

先生もキャバリア(12歳)を飼われているので、
いつの間にか先生も会話に参加(笑)キャバリアの寿命について談義。

若い年齢から僧房弁の心臓病が出やすいことから、
小型犬の中では寿命が短いと言われているキャバリアだけれど、
早くから気付いて上手に付き合っていくことで、
長生きも可能だと先生は言われてました。

数年前キャバリアファンか何かの雑誌で
17歳のキャバちゃんが載っていた事や、
16歳で頑張っている先生のお知り合いキャバちゃん。

そして昨日知った、
ロールねぇねさんのブログに紹介されていた15歳キャバちゃん。

ご長寿キャバさんの話を聞くと、ほんとに勇気付けられるわ~

リル君はご長寿と呼ばれるくらいまで頑張れるかな?
いつもそばにいるから…頑張ってね…ヨロシク




な~んてちょっぴりおセンチな感じになったけど、
本犬は至って元気!元気!!

いたずらしてパパさんに怒られました。
怒られ
リル家で6

なんで怒られているのかというと…
リル家で7
パパさんの鼻毛切り用の小さなハサミをゲットしたから~~~

リル君も悪いけど…
何でも出しっぱなしも、いかんですな!!





















スポンサーサイト
プロフィール

ボスリル

Author:ボスリル
*飼い主*ボスリル

キャバリアのリル君(8歳)

性格が暗めな凹み系男子。

ボールが大好きな
大人しい男の子です♪

2011年5月末より
奈良から広島へ引越しました。
夫婦+ワン(リル)で暮らしていましたが、
結婚して10年余り、
2014年3月25日に
女の子(人間)を授かりました。

夫婦+リル+若香葉(おでこちゃん)
での暮らしのスタートです☆

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問カウンター
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。